通常慢性副鼻腔炎の治療には抗菌剤や消炎酵素剤消炎鎮痛剤などの投与による薬物療法が中心です薬物の力で病原菌の増殖を抑えそれに伴う発生する膿の量を抑え患者の生活の質を維持することが目的になりますもし薬物療法だけでしつこい症状が良くならない場合鼻たけや鼻中隔湾曲など副鼻腔の構造そのものに原因があることもあるので手術などの外科的処置を行うケースがありますこれらの治療は耳鼻咽喉科で行われますが口腔外科では歯性上顎洞炎の治療を行います上顎洞の下には歯根があります虫歯治療を怠ると歯根の周りに膿が溜まりそれが上顎洞にまで達して炎症を起こすことになります歯性上顎洞炎の治療には原因になる歯の根管治療を行うかあるいは抜歯した患部を生理食塩水で洗浄しますさらに全身的に消炎酵素を投与して症状の進行と悪化を防いでいきます普通はこの段階で完治しますが患者により抜歯した後の患部に病原菌が住み着き症状を悪化させるケースもでてきますこのような場合には手術で肥大した上顎洞の粘膜を摘出して鼻腔へ大きな穴を開ける必要がありますこの手術は患者にとってかなりの負担と苦痛がともないます左上の歯が原因で歯性上顎洞炎を発症原因の歯を抜いた後消炎酵素と抗菌剤を使用し始めました40日後も症状の改善が見られずそれどころか抜歯前より悪化してしまいました上顎洞の粘膜は肥大左の上顎洞を完全にふさがってしまいましたこのため眼球の痛み鼻のつまり頭の重さがありました手術はいやでそこでなたまめ茶飲みました飲む量と時間は自由なたまめ茶を飲み始めて毎日なたまめを飲んでいると鼻のつまりもまったくなくなりましたなたまめで上顎洞炎は完治していました口コミで見た海乳ex 定期購入で飲みたいです