子宮ガンの種類は主に、癌ができる場所によって子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。この子宮頸ガンと子宮体ガンは全く違うもので、できる場所が異なるだけでなく、原因やなりやすい年代も異なるのが特徴です。子宮頸癌は30~40歳代の比較的若い方に多いのですが、20歳代でも珍しくない癌です。早期発見、早期治療により亡くなる人は減ってきていまが、これまで日本人には少なかった子宮体がんが、最近急激に増えている傾向に見られます。【子宮頸がん】子宮の入り口(頸部)にでき、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因。20~30歳代の若い女性に急増している。免疫免疫免疫【子宮体がん】子宮体部にできる。女性ホルモンが関わっており、月経で剥がれ落ちる子宮内膜の細胞ががん化したもの。健康的な方は癌細胞ができても、免疫により、癌細胞を死に追いやることができます。一方、癌が増殖してしまう方は、免疫機能が衰えているため、癌細胞を殺すことができず、増殖していってしまうのです。つまり、免疫力を高めることが、皆様にできることなのです!なぜ、免疫力が低下してきているのか?厚生労働省による癌患者総数の推移をみると、昭和54年と比べて、平成20年では約3倍に増えています。筋肉増強にプロテイン を通販で買いましたこれに対して、各医療の専門家の多くは食の欧米化が原因の一つであることを指摘しています。また、「1日30品目」食べなさいとよく言いますが、これは、白米を主食とした場合です。それに対して、玄米を主食にすると、「一汁一菜」これは玄米にビタミンやミネラルの数は・・・実に40種類以上あるからです!